原因・対策 ED・中折れ・勃起力

フル勃起しない4つの原因とそそり勃つためにすべき15の改善方法

いざという時にフル勃起しないで、途中で中折れにでもなったら男性としての誇りは丸つぶれです。

しかし年齢的な理由、あるいは若くても精神的な理由や日常生活の問題からそのような悲劇が起こる可能性は誰でもあります。

そこでここでは、まずはフル勃起しない4つの原因と、それを克服してまたそそり勃つペニスを取り戻すためにすべき15個の改善方法をご紹介します。

いざという時にフル勃起しない男性は増えている!

現在世の中にはいざという時にフル勃起しない男性はどんどん増えています。

ある統計では、成人男性の25%「勃起が十分でなく、時々セックスができない」という、EDでいえば中等度の症状、あるいは「全く勃起しないため常にセックスができない」という重度の完全EDの症状を自覚していると言います。

ここに「たまに勃たなくなる」軽度EDを含めると成人男性の53%がいざという時にフル勃起しないリスクを抱えてるのです。

まずはこのデータを見て「自分だけが苦しんでいる」と深刻にとらえるのを止めるようにしましょう

フル勃起しない4つの原因

「フル勃起しない」と言っても個人差もありますし、何よりその原因が違います。

その原因は大きく4つに分かれます。

1つめは、精神的ストレスです。

2つめは、肉体的に勃起機能に障害が発生している場合です。

3つめは、上の2つが同時に起こっている状態です。

4つめは、一部の薬を飲むとその副作用でフル勃起しなくなります。その状態です。

それぞれを詳しくご紹介しますね。

30代、40代に多い精神的ストレス

健康であれば性的な刺激を受けた脳はペニスに勃起しろと指令を送りますが、精神的ストレスが多いとその神経伝達物質が不足しているので、指令が上手く届きません。したがってフル勃起しなくなるのです。

そしてその精神的ストレスにも種類が2つあります。

1つは現実的で日常的な出来事が原因のストレスです。

まずは仕事ですよね。30代、40代と言えば会社で中枢となって働く世代です。仕事上のストレスも最も感じる世代です。

更に家庭でも、たとえば奥さんとの会話で、「ダメっぽいね」「使えないね」などの言葉を言われるとそれは言ったほうはなに気ない一言でも、言われた方にとっては言葉の暴力となりストレスを受けます。

そのほか家庭内がうまくいっていない、経済的な心配事がある、なども大きなストレスです。

あるいは前回のセックス時にうまく勃たず、また今回もそれが起こるのではないか、という不安も大きなストレスになります。

 

もう1つは深層心理的なストレスです。

本人も忘れている場合が多いのですが、例えば子供のころに性的虐待を受けていた、異常な性体験があった、などが深層心理にこびりついていてフル勃起しない理由になることもあります。

50代になると肉体的な理由でフル勃起しなくなる

50代になると、どこかしら身体に不調を持つようになります。

その中でも動脈硬化の症状を持っているとフル勃起しなくなります。

その仕組みは脳が勃起するように指令を出しても、ペニスの海綿体につながる血管が動脈硬化によって十分に拡張せず、そのため海綿体に十分な血流がいかないのでフル勃起しなくなるのです。

動脈硬化は糖尿病、高血圧などの生活習慣病、タバコや過度の飲酒に由来する場合などがあります。

また脳出血、脳腫瘍、などの脳神経系の疾患、ペニスの血管や神経が手術やケガで傷いてしまった場合も、フル勃起しなくなります。

50代、60代に多い混合型

仕事で責任ある立場についている50代、60代の場合はストレスも多いですし肉体的にもトラブルを抱えてくるので、その両面でフル勃起しなくなってきます。

薬でフル勃起しなくなる場合

いくつかの薬の副作用によってもフル勃起が阻害されます。

具体的には

・解熱剤、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、睡眠薬などの中枢神経系医薬品

・筋弛緩薬、麻酔薬などの末梢神経系医薬品

・利尿剤、降圧剤、血管拡張剤などの循環器系医薬品

・消化性潰瘍治療薬などの消化器系医薬品

です。

薬が原因の場合は、薬の量を減らしたり種類を変えてもらう必要があります。

かかりつけのお医者さんに恥ずかしがらずに相談してみましょう。

悩みを抱えたままでいるとさらに精神的にもストレスになりどんどんと悪循環に陥ってしまいますからね。

ストレスを解消してフル勃起を取り戻す15の改善法

http://ameblo.jp/omatsu777/entry-12002333952.html

それでは以上の原因を解消してフル勃起を取り戻すためにはどのような方策があるのでしょうか。

それには全部で15個の方法があります。

そのうちのまずはストレス解消の4つの方法から見ていきましょう。

ストレス解消の為の4つの方法

1 セックスへの不安を解消させる

まず1番重要なのは、「またフル勃起しないのでは」というセックスへの不安を解消させることです。

緊張するとフル勃起しないという理由は、上で挙げた、勃起を指令する神経伝達物資が不足することと、海綿体も筋肉なので緊張によって膨らみが弱くなってしまうからです。

さらには、勃起のためには体内に一酸化窒素を発生させて海綿体への血管を拡張させることが重要です。

しかしその働きを担当する男性ホルモンのテストステロンが分泌しなくなる、ということもあります。

したがって、フル勃起のためにはなにより不安を取り去って、緊張しないようにすることが重要です。

そのためには結局は心の問題ですからあまり重く考えずポジティブに、自分に以下のように言い聞かせてみましょう。

「今回うまくいかなくてもそれが経験になって次に生きる」

「身体は緊張していても心はしていない。だから自分の心に素直になれば大丈夫」

「みんな同じような立場になったら緊張する」

「自分だけではなく、女性の方も緊張している」

「失敗したら謝れば済むこと」

 

2 有酸素運動をする

ジョギングやヨガ、水泳と言った有酸素運動は自律神経のバランスを整え、副交感神経を優位にして心身をリラックスさせてくれます。

3 趣味に没頭する

趣味に没頭することも副交感神経優位の状態にしてストレスを解消してくれます。

4 休憩する

ストレスには休憩が何よりです。

思い切って1日休む、ゆっくり風呂に入る、などのことをして心身を休憩させましょう。

成長ホルモンを増やしてフル勃起を取り戻す4つの方法

先ほど少し触れましたが、海綿体につながる血管を拡張させるのは一酸化窒素で、そのために必要なものは成長ホルモンのテストステロンです。

したがってそれを増やせばフル勃起を取り戻すことに繋がります。

5 食事でテストステロンを増やす

テストステロンはビタミンDから生成されます。したがってビタミンDを多く含んだ食品を食べましょう。

それは以下のようなものです。

牛肉、牡蠣、赤いんげん豆、たまご、鶏肉、カッテージチーズ、ブロッコリー、キャベツ、セロリ、松の実、ニンニク、玉ねぎ

6 テストステロン日常行動で増やす

またテストステロンは、日常の行動の仕方によっても増減します。

具体的には以下のような行動が分泌を促します。

・痩せすぎや肥満を避ける。

・筋トレをして筋肉をつける。筋肉はテストステロンを生み出します。

・ワクワクするようなことをする。脳がよい刺激をもらうとテストステロンの分泌量が増えます。

7 トリプトファンを摂取する

トリプトファンとは、不安を解消して緊張をほぐす「必須アミノ酸」の1つです。

これもストレス解消は効果的ですから、サプリメントなどで摂取してみましょう。

8 睡眠時間をしっかりとる

成長ホルモンは睡眠中の、特に夜の10時から深夜2時までの間に多量に分泌されます。

ですからこの時間帯に起きているとテストステロンが不足してしまいます。

しっかり早寝早起きをするようにしましょう。

精子を増やしてフル勃起を取り戻す2つの方法

精子が増えると、それを発散したい=射精したい、と性欲が高まって勃起力も強くなります。ですから精子を増やすことはフル勃起には大切です。

その精子の原料となっている成分が亜鉛です。

亜鉛は精嚢に多く存在して精子を生産しています。したがって亜鉛をとることでフル勃起が取り戻せる近道となります。

9 亜鉛の多く含まれる食品を食べる

まずは亜鉛は食品で摂取しましょう。具体的には以下のものを積極的に食べるようにしましょう。

牡蠣、うなぎ、牛肉(もも肉)、チーズ、レバー(豚・鶏)、卵黄、大豆製品(納豆・きな粉・豆腐)、そば、ゴマ、緑茶、抹茶、カシューナッツ、アーモンド、米、玄米

10 亜鉛配合のサプリメントをとる

亜鉛は食品でとってもよいですが最近は優れた亜鉛配合のサプリメントも出ていますので、それで補給してあげるとよいでしょう。

ひんちゃん
 実際に私の夫もサプリを飲んでからだいぶ回復したんですよ。食事から毎日十分な亜鉛をとるのはなかなか難しいと感じたので。

実際に亜鉛サプリを飲んだ体験談はコチラ☛リアル体験記!海乳EXを飲んだ結果○○が大変なことに…!

勃起の根幹をつかさどる成分を摂取してフル勃起を取り戻す2つの方法

先ほどからフル勃起のためには一酸化窒素が重要とお伝えしていますが

それであれば一酸化窒素のサプリメントを取ればよさそうですが、それはできません。

空気中に一酸化窒素は存在できないのです。その代わりに、体内に入って一酸化窒素に変わる成分を摂取しましょう。

それが「アルギニン」と「シトルリン」という成分です。それもやはり亜鉛と同様、食品とサプリメントの両方の方法で摂取できます。

11 食品でとる

以下は100gあたりに含まれるアルギニンの量が多い食品のランキングです。

1位 高野豆腐 4100mg

2位 落花生 3200mg

3位 ごま 2700mg

4位 大豆2700mg

5位 くるみ 2200mg

6位 アーモンド 2100mg

7位 くるまえび 2000mg

8位 油揚げ 1600mg

9位 鶏むね肉 1500mg

10位 マグロ 1400mg

これらの食品を優先して摂りましょう。

12 サプリメントで取る

ほとんどのED改善のサプリメントの主成分はこのアルギニンとシトルリンです。

マカやトンカットアリ、などの天然のED改善成分などもありますが実は成分解析をすると、その効果の秘密はアルギニンとシトルリンを豊富に含有していることにあるとわかります。

ですから、フル勃起のためにはアルギニンとシトルリンの配合量が多いサプリメントを探して飲むようにしましょう。

ひんちゃん
 アルギニンとシトルリンに特化したサプリはここにまとめておいたわよ!画像をタップ(クリック)するとページに移動するよ。

勃起力,勃起力アップ

生活を改善させてフル勃起を取り戻す方策3つ

13 禁煙する

まずは禁煙です。タバコはストレス解消のために吸っている人もいるかもしれませんが、身体には実は高血圧の原因でもあります。つまり肉体的にはフル勃起の大敵です。ですから禁煙をしてフル勃起を取り戻しましょう。

14 筋トレをする

筋トレをして筋肉が肥大化すると、ますそこから成長ホルモンのテストステロンの分泌が増加します。それは精子の材料の亜鉛を増やし、同時に海綿体への血管を拡張させる一酸化窒素も増やします。つまり筋トレはフル勃起のためのダブルの効果があるのです。

15 規則正しい生活を送る

睡眠不足や質の悪い睡眠は、成長ホルモンの分泌を抑制してフル勃起の妨げとなります。そして同時に、自律神経のバランスを崩して心身を緊張状態にし緊張によるEDももたらします。ですから、これもダブルの意味で、規則正しく、早寝早起きを心がけましょう。

まとめ

いかがですか。

フル勃起を妨げている要因は非常に多岐にわたります。

まずはなにが自分のフル勃起しない要因なのかを分析し、それに適した方策をとることで、また男の誇りを取り戻しましょうね!

-原因・対策, ED・中折れ・勃起力