方法・テクニック 出会い・SEX

こんな男は避けられる!出会い系で出会えない人の特徴10選

2018/06/01

出会い系にせっかく登録しても全く出会えない男性がいます。

中には悪質サイトに引っかかってサクラに騙されている場合もありますが、そうでなければその男性の、女性とのやり取りや、そもそものプロフィールに問題があると考えてよいでしょう。

課金までして出会いを求めているのに、知らない間に問題行動をして、出会えないのでは余りにもったいないと言えます。

そこでここでは、出会い系で出会えない人の特徴を10種類ご紹介します。もしも今出会い系でなかなか出会えなかったら、自分がそれに該当していないか考えてみてくださいね。

出会い系で出会えない人の特徴10選!

まず1つは、自分からアプローチしても返事がもらえなかったり、女性からほとんどアプローチがない場合は、そもそも載せているプロフィールに問題があるのかもしれません。それは具体的には以下のようなものです。

プロフィールに問題あり

1 正直に書きすぎている

まず、意外と言えば意外、当たり前と言えば当たり前ですが、プロフィールを正直に書きすぎている場合です。たとえば、

「こんにちは。今まで年齢=恋人なしだったので、出会い系サイトというものに登録してみました(笑)。趣味はアニメとオンラインゲームです。一緒に楽しめる人を募集中です」

「10年間引きこもっていました。友達がいないので休日は家で1日中ゲームをしています。これでは出会いがないと思い、登録しました」

これらは正直に書きすぎです。すべて本当かもしれませんが、女性も彼氏を作って楽しくなりたいと思って出会い系に登録しています。

ですので、自分が会って楽しくなりそうもない人にはアプローチするわけがありません

オタクの人には申わけないですが、ほとんどの女性はオタクをキモイと思っていますし、ボランティアではありませんから社会復帰のために付き合うことはできません。

全部嘘で固めてしまうといざ会う時に困りますが、自分の中の女性受けする部分を強調して書く程度の「演出」であればお互い様です。

人から見てどう思われるか、ということを考えてプロフィールを「装飾」しましょう。

2 プロフィールをすべて埋めていない

プロフィールは、年収、希望する年齢、飲酒やタバコの有無など、入力欄は出来る限りすべて記入しましょう。

そこが空欄ばかりの場合は、相手に必要な情報がいかないので相手は判断できず、心は「警戒レベル」のまま止まってしまいますのでアプローチしてきません。

また、やる気が無いような印象を与えてしまいます。

3 写真を載せていない

プロフィールには女性受けしそうな内容がしっかり書いてあっても、写真を載せていないとほぼアプローチは来ませんし、アプローチしても断られます。

顔が見えない=安心できない、ということですので、相手は警戒レベルのままです。

写真を載せない理由としては「自分の顔写真を載せること自体が怖い」場合と「容姿に自信がない」場合があるでしょうが、前者に関してはそのサイトが優良であれば悪用の可能性は極めて低いです。

もちろん、誰かがそれを借用してしまう場合はありますが、しかしサイト上に顔写真は山ほどあります。その中から自分の写真が悪用されるということは、よほどのジャニーズ系の美男子でなければあり得ません。そのあたりは冷静に考えましょう。

また、容姿そのものに自信がない場合も、むすっとした顔で写っていると印象が悪いですが、思い切りの笑顔であれば案外人には好印象を与えるものです。

友人とレジャーをしている時のスナップなどから、いい笑顔で写っているものを選んで載せましょう。また写真写りがよくなるテクニックもありますので、ネットで検索して活用しましょう。

4 自己評価が低い

さらに「正直」を通り越して、自分に対する評価が低いプロフィールでもアプローチはかかりません。

たとえば、

「これと言ってとりえのない自分ですが、出会いたいと思っていますのでよろしくお願いします」

などです。

しかしとりえのない人にわざわざ連絡するほど相手も暇ではありません

プロフィールはまさに「自己PR」です。自分をよく見せないと、絶対に良い反応が来るはずがありません。

ぜひ自分の中の「長所」を見つけ出して、それを思い切りアピールしましょう。

メールの文章に問題あり

またプロフィールをしっかり埋め、連絡が取れる段階までは行っても、そこからなかなか実際に会うところまでいかない場合があります。

それは相手に送るメールの文章に問題があるのかもしれません。具体的には以下のような場合です。

5 メールに中身が無い

まずメールが当たり障りのない内容や、ビジネス文書のように無味乾燥の文章の場合は、相手の心は動かないため、会うところまで行きません。たとえば、

「はじめまして。プロフを見て気になったのでメールしました。良かったらお返事ください」

「メールありがとうございます。これも何かの縁ですね。ぜひ仲良くしていただけますようお願いします」

などです。

このような内容では、まず自分がどういう人物なのかのアピールもできていませんし、相手のどこが気に入ったのかもわかりません

そのようなメールでは相手は「この人と仲良くしてみたい」「もう少しいろいろ知りたい」と心が動きませんので、会える段階では行きません。

出会いを得たかったら、最低限以下のようなメールを送りましょう。

「〇〇さん、こんにちは、はじめまして。××と申します。

プロフに「~」と書いてあったが気になって、〇○さんのことをもう少し知りたいなと思ってメールをメールを差し上げました。

実は僕も「~」は好きなんです(笑)

〇○さんがよろしければ、少しお話ししていただけませんか?

お時間あったら、お返事だけでもいただけるととても嬉しいです。

よろしくお願いします。」

という感じです。このメールの良い点は

1 最初の行でしっかりとあいさつをして名乗っていて、相手を安心させていること

2 全体的に丁寧な言葉づかいで、初対面の人に礼儀正しく、紳士的であると伝わること

3 相手のどこが気に入ったか具体的に書いて、相手の好意を導いていること

4 相手と自分の共通点を書いて、親近感を持たせていること

です。ぜひ真似をしてみてください。

6 ネガティブな中身のメール

また、読んでいて楽しくないメールは読むのも嫌ですし、そもそもそういうことを書く人は会った時も同じでしょうから会いたい気持ちが起こりません。

そのよくある例がネガティブな内容を書いてしまうことです。

「〇○さんはどんな映画が好きですか?僕はこの間の日曜日××という映画見ましたが、これがめちゃくちゃつまらなくて、入場料返せと思いました(笑)」

素直に自分の気持ちを書いただけかもしれませんが、会って付き合い始めた段階であればまだしも、このようなネガティブな思考の持ち主とはわざわざ会おうとは思いません。

また、同じように相手に気持ちが分かってもらいたくて愚痴のメールを出してしまう人もいます。

「この間、仕事でミスをして会社に大きな損害を与えて、課長からどやしつけられました。かなり落ち込んじゃいましたよ」

こういう内容は、付き合って相手から好意を持たれるようになった段階で送りましょう。

7 説教メール

逆に相手がネガティブなメールを送ってきた場合ですが、それでも何とか出会いを作りたいと思ったら、それはこちらは受け止めるようにしましょう。

「そんなネガティブな内容ばかり言ってちゃだめだよ!」

「怒られたら、くよくよするよりも反省して次に生かそうよ!」

などのような、励ますつもりで説教をしているメールを送ってしまうと、それだけで相手の気持ちはシャットダウンするでしょう。

女性は、どのように素晴らしい人でも「人に分かってもらいたい、共感してもらいたい」という気持ちをどこかに持っている生き物です。むしろこういうメールが来たら、こちらに気を許し始めている証拠です。

ですので、説教せず、「大変だったね」などの言葉を返して共感してあげれば、出会いまでの距離はかなり近づきます。

なるべく安く済ませようというのが見える

有料サイトの場合、なるべく早く直メールやLINEに持って行来たいのは山々でしょうが、それが相手にわかられてしまうようでは会えるところまではいきません。

もちろんお互いに、サイト内メールでやり取りしているのが面倒くさくなったり、お金がかかるという気持ちになって合意のもとにそうするのは非常に良いことで、出会いにまた1歩近づきます。

しかしその合意がなく男性の方で焦ってLINEに持ち込もうとすると相手は一気に冷めて、出会いからは遠のきます。それは以下のような心理からです。

8 女性の警戒を解かない

出会い系サイトに登録している女性は誰でも多かれ少なかれ警戒しています。

それは顔の見えない相手とのやり取りですから、当然のことです。したがって、会うまでに持って行くにも、それ以前に個人情報であるLINEを教えるにも、それを解く必要があります。

しかし警戒心を解くにはある程度の時間とコミュニケーションの量が必要です。

それをすっ飛ばして、いきなり「LINEでお話ししませんか」と言ってしまうと、ちょうどネコを無理やり抱き上げると非常に嫌がるように、それまで少し解いてきていた警戒心が一気に甦って振り出しに戻ってしまいます。

ましてや、女性の個人のLINEやメールアドレスなどの情報は、ただでさえ悪質業者に利用されがちなのです。

ですのでポイントの消費を抑えたいという気持ちはあっても、相手の警戒心をゆっくりと解きほぐす最低の時間はかけましょう。

9 ケチ臭さを感じさせる

もちろん、女性も男性のメールには課金が必要ということは知っています。

むしろ相手から「メールってお金かかるんでしょ?大丈夫ですか?」のように気づかってくれる場合さえあります。

そしてここが女性の心の矛盾と言えば矛盾ですが、男性がそのお金を気にして早くLINEにしようとすると「自分にはお金をかける価値がない?」と感じ、その男性への気持ちが一気に冷め「セコイ」と評価するようになります。

女性はほとんどの場合、ケチでセコイ男性が嫌いですからこれで会う目はなくなります。

10 必死さを見せてしまう

不思議な心理ですが、女性は、男性の必死すぎる姿を滑稽に思いがちです。

「そこまでして会いたい?」「誰でもいいからエッチしたいの?」という印象を持ち、冷めてしまいます。

特に出会い系サイトでは、情報は文面だけになります。必死な顔や本来の堂々とした男らしさは見えません。ですので、より一層、その滑稽さが際立ってしまうのです。

すぐに出会ってエッチしたい気持ちはあるでしょうが、少なくとも表面的には余裕をみせましょう。

まとめ

いかがでしたか。

出会い系をしながら出会えない、という男性には1つくらいは思い当たる節があったのではないでしょうか。

出会い系はある意味「見栄」の世界です。自分をしたたかに格好よく、素敵に見せたもの勝ちです。ですので、以上を参考にぜひしっかり出会って、いい思いができるようにしましょう!

PCMAXでのセフレの作り方完全版!モテない人生とはこれでおさらば!

▲▲▲
クリックして出会い系ランキングを見る

-方法・テクニック, 出会い・SEX