ED・中折れ・勃起力 回復対策・方法 精力・性欲 精力剤・サプリ

精力剤とED治療薬の違いを徹底解説! 自分に合うのはどっち?

2018/05/25

「精力も落ちてきたし、そろそろ精力剤を利用しようかな」

そう思って色々調べているうちに、

「なんだか色々種類もあるし、精力剤とED治療薬の違いもイマイチよくわからない。結局どういうものを利用したらいいんだろう

というような状況に陥ってしまう人が多くいるようですね。

ここでは、精力剤とED治療薬の違いについて解説した上で、“今のあなたの症状や目的にはどちらを選択すべきか”ということをアドバイスしたいと思います。

では、早速これらの違いについて詳しく解説していきます。

まずは精力剤からみていきましょう!

精力剤とは

ED治療薬,勃起薬,精力剤,違い

精力剤とは、いざという時のための性機能増強や改善を図り、精力を高めるために役立てるもので、主に中高年の男性に向けた商品になります。

精力剤と一口に言っても、実は大きく「医薬品」「食品(サプリメントや健康食品、清涼飲料水など)」に分かれています。

ED治療薬も医薬品という観点から、精力剤と一括りにしてしまう場合もありますが、

一般的に精力剤というと、ED治療薬までは含めないものとして捉えることが多いため、ここではED治療薬以外の「市販品=精力剤」と定義することにしますね。

さて、精力剤の定義付けをしたところであなたに質問です。

精力剤と言ったらどんなものを想像しますか?

そう、コンビニやドラッグストアなどでよく見かける、派手なパッケージや卑猥な絵柄とともに、男性の興味をそそる文言が書かれているものですよね!笑

男性であればついつい目が行ってしまいがち。

粉末や錠剤、ドリンクタイプなど色々な種類があります。

最近ではインターネット通販でもさまざまな精力剤を見かけるようになりましたね。

このように派手な包装や文言を使用できるものは特に制限の設けられていない「食品」という位置づけになっていて、サプリメントや清涼飲料水などに限られています。

医薬品の場合は薬事法にそのような「わいせつにわたる文書または図画を使用してはならない」と決められているため、その基準に適した範疇での包装になっています。

というわけで、誇大広告だったり、許可を受けていない成分だったり、無承認の医薬成分を含んでいる場合もあるので購入の際は必ず成分表を確認してみてください。

下記の成分が全然入っていないのに、精力剤として謳っているような商品には手を出さないことです。

勃起を促進する成分

<医薬品として認められている成分>
・テストステロン
・メチルテストステロン
・ストリキニーネ
・ヨヒンビン
・ジゾノール
・タウリン

これらの成分は、性ホルモンを生産する成分です。

現在はこの成分が含まれている商品も市販されていますが、将来的には第一類医薬品に分類され薬剤師のみが販売できるものとなる予定です。

<その他医薬成分以外の成分>
・亜鉛
・マカ
・ニンニク
・すっぽん
・マムシ
・サソリ
・オットセイ
・カンフェリアロットンダ
・朝鮮人参
・冬虫夏草
・ガラナ

これらの代表的な成分以外にも、鹿の角や霊芝(キノコの一種)、ムイラプアマ、パフィア、アシュワガンダなど様々な成分が使用されています。

さて、肝心の市販の精力剤の効果ですが、どれも「ほんの気持ち程度」と思っておいたほうが良いでしょう。

精力剤を飲んだからといってビンビンになるという過度な期待は捨てたほうがいいです。

その日の自分の体調やコンディションによっても効き方は全然違いますし、有効成分は入っていても、含有量が少ないものもありますからね。

また、サプリのように長期間服用しないと効果のわからないものもあります。

ED治療薬(勃起不全改善薬)とは

ED治療薬,バイアグラ,レビトラ,シアリス

出典http://tastegloucester.com/

ED治療薬は、その名の通りED(勃起不全)を治療するための薬です。

EDと聞くと、「あっちの方がうんともすんともしない状況」と思っている人が多いようですが、朝立ちが少なくなったり、中折れするようになったりしている人も実はEDなんですよ。

性欲もまだまだあって夜の方も元気にしたいのに、いざという時に勃たなくなってきてしまったと悩んでいる人には、市販の精力剤より圧倒的にED治療薬がおすすめです。

ED治療薬の代表各とも言えるのがバイアグラですが、現在日本国内で入手できるED治療薬には、厚生労働省によって認可されているものはバイアグラを含めて3種類存在します。

・バイアグラ
・レビトラ
・シアリス

この3つです。

これらの薬の作用は同じですが効き方に多少の違いがあるのでみておきましょうね。

ED治療薬 バイアグラ レビトラ シアリス
服用量 25~50mg 10~20mg 5~20mg
作用時間 5~6時間程度 5~10時間程度 20~36時間
勃起効果
副作用
錠剤の色・大きさ 青・大きめ 橙色・小さい 橙色・普通
服用するタイミング 性行為1時間前/空腹時は30分程度で作用 性行為1時間前/空腹時20分程度で作用 性行為3時間前
食事との併用
お酒との併用 適量であればOK 適量であればOK 適量であればOK
特徴 短時間でガツンと効く 水に溶けやすく一番即効性がある短時間決戦向き マイルドで自然な勃起。じわじわ効く

コストは1錠あたり2000円前後ですが、バイアグラに関しては2014年に特許が切れているため、お手軽なジェネリック医薬品も発売されています!

このように、ED治療薬の中でも、種類によって効果が違ってくるので、お医者さんと相談した上でどの種類を使用するかは検討してみてくださいね。

ED治療薬の働き

さて、バイアグラと聞くと、中には飲んだらすぐに陰茎が勃起したり薬自体の効果で興奮が高まったりするのではないかと勘違いしている人もいるようですが、ED治療薬にはそんな媚薬や催淫剤のような効果はありませんよ!

あくまで性的な刺激を受けた場合に正常に勃起する力を助けるためのものです。

なので、薬を飲んだらずっと勃起しているわけでもありませんし、ムラムラと欲情するものでもないですからね。笑

性的刺激がなければアソコは普通の状態です。

というわけでED薬がどのような働きや仕組みなのかということを、ここできちんと覚えていってくださいね。

男性のアソコは性的な刺激を受けると、勃起を引き起こす神経がNO(一酸化炭素)を分泌します。

ED治療薬,勃起薬,仕組み,作用,効果

出典http://www.sstravel-work.com/edsho1/meka.html

NOの働きにより、「サイクリックGMP」という物質が増え、陰茎動脈から陰茎海綿体に大量の血液が流れ込みやすくなり勃起が起こります。

しかし、体内にはこのサイクリックGMPを分解してしまう酵素「PDE-5」が存在し、この酵素が優勢だと勃起が起こらなくなってしまうのです。

バイアグラを始めとしたED治療薬はこのPDE-5の働きを阻止し、血管の拡張と血流量増大を促し勃起を助けてくれます。

これがED治療薬が勃起を助ける仕組みです。

バイアグラを飲んではいけない人

ED薬を使用したい!と思っても、中には服用できない場合もあるので注意しましょう。

心筋症などで、ニトログリセリンを服用している人はバイアグラを服用することはできません

最悪、死に至るケースもあるので現在持病などを持っている人で、EDの症状に悩んでいる場合必ず医師の診断を受けましょう!

というのも、EDということで恥ずかしくて病院に行かず、通販で購入し服用することで大変な事故につながるケースが増えているからです。

そもそも本来ならば、医師の診断と処方なしには入手できないED治療薬が通販で安く手に入れられるというのは不可解なことですよね。。

特に個人輸入で販売しているものは偽物の可能性がとても高いです!

その危険性については次の項目で詳しく説明しましょう。

ED治療薬を通販で購入することの危険性

ED治療薬,勃起薬,精力剤,違い,通販

インターネットが普及してからというもの、買い物も通販でできるようになり便利になりましたよね。

しかし、一方でED治療薬のネット販売に関してはその多くが偽物であることが明らかになっています。

確かに、恥ずかしい思いをして病院に行く必要もなく、コストは安いし魅力的です。

しかしそんな魅力以上の大きなリスクがある事を覚えておいてください!

バイアグラで有名なファイザー社の調査によると8割は偽物という結果が出ています。

もう見た目ではパッケージも錠剤も区別ができないほどそっくりに作ってあるので、専門家でも見分けが付かないほどになってきているようです!

偽物の多くは中国や中近東など、品質管理とは無縁な場所で製造され、日本に送られてきているようです。

偽物品の成分には、不純物が含まれている場合があり、死亡例を含む健康被害を招くケースが発生しています。

手軽で安価だからという理由で、通販の個人輸入を使うのはとても危険だということお分かりいただけたでしょうか。

精力剤とED治療薬の違いと比較

では、精力剤やED治療薬がどのようなものかわかったところで、それぞれの違いについて比較してみましょう!

精力剤(市販品) ED治療薬
効果
副作用
コスト
手軽さ

上の表からもわかるように、勃起力を高める効果を期待するのであればED治療薬が圧倒的です。

市販の精力剤は、勃起力向上を目的として飲む場合は本当に「気持ち程度の効果」だと思っておきましょう。

精力剤は勃起力というより、体の疲労感や体力回復という目的の場合にはお手軽で良いでしょう。

副作用(顔のほてりや頭痛、動悸など)の面では確かにED治療薬の方が強いですが、体に異常をきたすものではありません。

特にバイアグラやレビトラは服用した人の殆どに副作用の症状は現れるものです。

つまりまとめると

◎精力剤⇒性欲(ムラムラ感)の向上や体力・疲労回復に
<対象となる人の症状例>
・性欲があまりわかなくなった
・疲れがとれない
・体力が落ちてきた
・勃つし、挿入もできるが昔ほど硬くない

◎ED治療薬⇒勃起力の向上に
<対象となる人の症状例>
・いざという時勃たない
・奥さんにだけ勃たない(嫁だけED)
・勃っても挿入できるほどの硬度にならない
・中折れして最後までできない

という目的や症状別に選ぶことをおすすめします。

⇒バイアグラを使っても勃たない場合について

まとめ

精力剤もED薬も、加齢とともに頼らなければいけなくなる場合も出てくるかとは思います。

それは恥ずべきことでもなんでもなく、誰にでも起きうること。

一人で悩んで、精神的にストレスを溜め込んでしまうと、さらに症状に拍車がかかるという悪循環になりかねません。

ストレスや気持ちの問題が一番EDの原因ですからね!

自分の体調、夜の方の生活に自信がもてなくなってきたら、医師と相談することが解決への一番の近道ですよ。

-ED・中折れ・勃起力, 回復対策・方法, 精力・性欲, 精力剤・サプリ