成分・効果・副作用 精力剤・サプリ

シトルリンとは?効果を最大限引き出すための飲むタイミングはいつ?

2017/09/09

大きな声では言えないまま、世の中の男性で夜、奥さんやパートナーと「ことに及ぼうと」したときに、自分自身がしっかりと役に立たない、ということで悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

それは男性にとってかなり恥ずかしいことなので、誰にも相談できず、人知れず悩んで、解決策を考えているという人もまた多いと思います。

そんな時に、インターネットなどで勃起不全の改善方法を調べていると、行き着くのが「シトルリン」という成分です。

でもシトルリンって、どういうもの?どういうメカニズムで自分の悩みを解消してくれるの?効果を最大限に引き出すための飲むタイミングはいつ?

その時に、そういった疑問を持たれる人がほとんどでしょう。

そこで、ここでは、そのシトルリンという成分と、効果を引き出すためのベストの飲むタイミングについてご紹介します。

自分は勃起不全?勃起不全の症状とは?

menjoy_246087_1

勃起不全とは?

そもそも勃起不全とはどういう症状のことを言うのでしょうか?たまたまその晩に限って疲れていて、あるいはアルコールが入っていて、うまく勃起ができなかった場合、それは勃起不全というのでしょうか。

勃起不全とは、ちょっと難しく説明すると

「男性の性機能障害の一種で、ペニスが勃起しない、あるいはそれを維持できないために満足にセックスを行えない状態、または、セックスの最中にしっかり勃起しないために満足あセックスができない状態、あるいはいざセックスをしようとした時の4回のうち3回はそのような症状でセックスできなかった状態」

のことを指します。

ですので、たまたまその日に限ってできなかった、というのは勃起不全には入りません。

また勃起不全を英語で、Erectile Dysfunction(勃起機能の低下)と言い、この頭文字をとって、よく「ED」と略されて使われています。ですが、この記事では、勃起不全という言葉を使っていきます。

勃起不全の症状をもう少しくわかりやすく説明しましょう。

勃起不全の主な症状

よくある勃起不全ではないかと疑われる症状は、以下のようなことが起こった場合です。

「性欲はあるけれども、興奮しても勃起しない」

「勃起しても十分に固くならない」

「勃起しにくく、勃起が十分に続かない」

「挿入できても勃起が持続せず途中で抜けてしまう(いわゆる中折れ)」

こういうことが「4回のチャンスや行為のうちに1回起こったら」それは勃起不全ということです。

もしも自分のセックス上のことで悩んでいたら、この症状に当てはまるか自分で確かめてみてください。そして該当するようなら、何らかの対策が必要です。

勃起不全にはどういう種類があるのか?

ひとことで勃起不全と言いますが、実はその原因によって、今は3種類に分類されています。

機能性勃起不全

「機能性」というと「身体の問題?」と思えてしまいますが、これは、不安、ストレス、心の病、自分のペニスやセックス能力への不安などの精神的な原因で、発症する場合の勃起不全です。

この機能性勃起不全はさらに2つの要因に分かれます。

1つは「現実心因」と言われる、毎日の小さなストレスによって発症する勃起不全です。

たとえばセックスの相手の女性に「だめな男ね」、「役立たずね」などと言われ、その言葉でショックを受けたりすると、それからあとのセックスをするときに不安が起こり、勃起不全になる場合がこれです。

また、結婚生活で奥さんとうまくいかない、経済的な悩みがある、毎日疲れている、など自分自身でほぼ原因がわかるようなものも「現実心因」です。

もう1つは日常生活には特に大きなストレスはないものの、子供のころの体験や、過去に異常な性的経験があってそれがトラウマになるなどにより、心の奥深いところにしまい込まれたことが原因が勃起不全を起こす場合です。

この場合は結構厄介で、大半は無意識の世界に原因があるため、本人には実際にこれといった原因が思い当たらず、その原因を究明するのに専門のカウンセラーにつくなどしなければならず、なかなか改善しないことが多いです。

器質性勃起不全

こちらは身体的な理由でセックスの時にしっかりと勃起しない状態のことをいいます。

ペニスにつながっている神経や血管などに障害がある場合や、加齢による男性ホルモンの低下などが原因として挙げられます。

具体的には

・加齢による血流障害
・糖尿病や高血圧、高脂血症などの生活習慣病
・脳で受けた性的刺激が何らかの原因でペニスにまで伝わらない神経障害
・手術や外傷などによって海綿体に血が入らなくなった場合

などがあります。

混合型勃起不全

これは精神的な原因による「機能性勃起不全」と、身体的な原因による「器質性勃起不全」が一緒に起こっている場合の勃起不全です。

事例としては比較的少ないですが、うつ病などの心の病が原因で、それが身体のホルモンの分泌などに悪い影響を与え、結果として勃起不全になっているケースが挙げられます。

勃起不全は以上のような原因から発症するものなので、基本的に自然治癒、ということはありません。何らかの対策を打たないと、治らない、それが勃起不全です。

なぜ勃起不全になる?勃起不全が起こる身体のメカニズム

gatag-00000903

早く勃起不全を治す話に行きたいところですが、それをご理解いただくためには、まずなぜ勃起不全になるのか、その身体のメカニズムについてご説明する必要があります。

そもそも勃起という現象は、女性の裸を見た、感じている声を聞いた、などの性的な刺激が、脳から発信される信号になり、
神経を通ってペニスに伝わると、ペニスの海綿体(かいめんたい)の動脈が広がって、血が海綿体に流れ込むことによって起こります。

海綿体はスポンジのようなものなので、血が流れ込むとそれをぐっと吸い込み、大きく膨らみます。お風呂で使うスポンジを思い出してみてください。これによってペニスが大きくなる、これが勃起のメカニズムです。

ですので、勃起不全はこれがうまくいかなくなるという現象です。

具体的には、勃起不全の場合、動脈が十分に広がらず、十分な血が海綿体に流れこまれず海綿体が大きくならなかったり、脳から発信される信号がうまく伝わらず、海綿体が大きくなるのに時間がかかったり、いったんは大きくなるものの、途中で小さくなってしまう、ということによって起こるのです。

ですので、勃起不全を治すには、この海綿体に十分に血が流れ込むようにしてあげればいいわけです。

勃起不全を改善させるには一酸化窒素が必要

今ご説明したメカニズムに沿って書くと、勃起不全を治すには、海綿体に十分に血を流れ込ませればいいわけですが、そのためには、ある物質が大きな役割を果たしています。

それが一酸化窒素、という物質です。

一酸化窒素は血管の中で作られる物資で、身体の中では、血管を広げて血圧が上がらなくするような作用、血小板が固まらないようにして動脈硬化が起こらないようにする作用などの働きを担っています。

この中で勃起不全に関係するのは、最初に書いた「血管を広げて血圧が上がらなくするような作用」のほうです。

実は一酸化窒素は、先に書いた海綿体に流れ込む血管を広げて血の流れを多くする、という仕事もしているのです。

ここまで書くとお分かりになるかもしれませんが、つまり海綿体に流れ込む血の量を増やしてそれを大きくし、勃起をしっかりしたものにするには、一酸化窒素の量を増やしてその効果が上がるようにすればいいわけです。

ここまで書くと簡単に「それなら一酸化窒素のサプリメントを作ってそれを飲めばいいじゃないか」というように思う人もいるかもしれませんが、実はそうはいきません。なぜかというと、一酸化窒素は身体の中ではいい働きをしてくれますが、外にあるときには身体に害を及ぼすような性格のものなのです。

ですので、サプリメントにして飲む、というわけにはいかないのです。

ではどうしたらよいのでしょうか?

シトルリンとは?シトルリンは体内で一酸化窒素になる!

2015-08-15b

ここでいよいよ「シトルリン」の登場です。

しかしその前に、もう一つ「アルギニン」という成分について書く必要があります。

身体の中の血管で一酸化窒素が作られる、ということを説明しましたが、実はその一酸化窒素に変化する元の物質があります。

それが「アルギニン」です。

アルギニンは、子供にとっては成長に必要な準必須アミノ酸と言われ、大人では健康で活動的な身体を維持するための非必須アミノ酸といわれる物質です。

このアルギニンは人間の身体の中で作られていますが、身体の外にあっても無害なものなので、サプリメントにして飲むことができるものです。ですので、勃起不全を改善させるためにはそのアルギニンのサプリメントを飲めばいいわけで、実際にそいう精力剤もいろいろと出ています。

しかし、アルギニンにも欠点があります。

それは、アルギニンは強いアルカリ性の物質なので、これを1度に大量に体の中に入れると、胃痛になったり下痢を引き起こすことがあるのです。また、これは勃起不全とは関係ありませんが、子供ころにアルギニンを毎日たくさん身体に入れると、成長ホルモンの分泌が異常になり「巨人症」といった難病にかかることもあるといわれています。

ですので、アルギニンをサプリメントに入れるうえでは、配合量に限界があるのです。

そこで登場するのが、いよいよ「シトルリン」です。

シトルリンもアルギニンと同様アミノ酸の一種で、その様々な効果から「スーパーアミノ酸」などと言われたりしています。もともとは医薬品の成分として日本で開発されたものでしたが、その後サプリメントに配合できるようになりました。

シトルリンの何よりの良さはこれといった「副作用がない」ということです。ですので安心してサプリメントにたくさん配合できます。

そして、ここが勃起不全の解消にかかわるところですが、シトルリンを体の中に入れると、約30分でアルギニンに変化するのです。

つまり、シトルリンを身体の中に入れると、それがアルギニンを経て一酸化窒素になり、その一酸化窒素がペニスの海綿体につながる血管を広げて血の流れを増やし、その結果海綿体が十分に大きく、そして長い時間大きくあり続けて、勃起不全を改善するというわけです。

いかがですか?

シトルリンの勃起不全の改善に非常に効果があるというメカニズムが分かっていただけましたでしょうか。

ですので、シトルリンを配合したサプリメント(精力剤)は勃起不全に効くのです。

シトルリンを飲むベストなタイミングはいつ?

85792f31e80f9d00b43515a11ae7f46e_s

それでは、そのシトルリンの配合されたサプリメント(精力剤)はどういうタイミング飲めば、一番勃起不全の解消に効果があるのでしょうか?

医薬品のバイアグラなどは、セックスの直前(30分程度で効き始める)に飲むことで勃起力を高めてくれますが、シトルリンも同じような飲み方がよいのでしょうか?

実はシトルリンは、勃起不全を改善させるほかにもいろいろと効果があります。どの効果を求めるのかによって、飲むタイミングは変わってきます。

まず1つは「脂肪燃焼」の効果です。これを求めるのであれば、運動前に飲むのが効果的です。

もう1つが「疲労回復」の効果です。これを求めるのであれば、逆に運動後が適しています

それでは勃起不全解消のためにはいつ飲めばよいのでしょうか?

結論から言うと「いつ飲んでいい」ということです。

食事の前でも食事の後でも、寝る前でも朝起きた時でも、セックスの前でも、しっかりと1日の設定摂取量を摂取することができているのであれば特にいつに飲んでも変わりはありません。

ただ、男性ホルモンの分泌が多くされるのは就寝後と言われていますので、就寝前に飲むとより良いかもしれませんね。

しかしながら、大切なのは、シトルリンにはバイアグラなどの医薬品と違って「即効性」はないということです。

シトルリンを飲んで、ペニスの海綿体を大きくするようになるまでには、だいたい1か月、人によっては3か月から半年、シトルリンを飲み続ける必要があります。

ですので、毎日しっかりと飲む習慣がつけられ、飲み忘れがないようなタイミングで飲む、というのがベストでしょう。

たとえば、食卓に置いておいて朝食を食べた後に必ず飲むようにするとか、寝る前に歯を磨いたら一緒に飲むようにするとか、です。

繰り返しますが、大切なのは「飲み続ける」ことです。



 ▲▲▲
クリックして詳細を見る

シトルリンDXの口コミや増大効果はいかほど?安くお得に購入できる方法

まとめ

以上、シトルリンが勃起不全の解消に非常に効果的だという話と、そのベストな飲むタイミングについてご説明しました。

いかがですか?

世の中にシトルリンが配合されているサプリメント(精力剤)はいろいろと出ています。ぜひその商品を調べて、できるだけシトルリンが多く配合されているものを探して毎日飲んでみてください。

きっとあなたが長年悩んでいた勃起不全が解消され、「男の誇り」を取り戻すことができるはずです。

勃起力,勃起力アップ

シトルリンと亜鉛の併用でペニス増大は可能か徹底調査!

-成分・効果・副作用, 精力剤・サプリ