回復対策・方法 成分・効果・副作用 精力・性欲 精力剤・サプリ

トンカットアリとマカと亜鉛どれが最強?併用は大丈夫なのか?

2017/10/27

最近ちょっと精力が減退している、あるいはもっと露骨に勃起力が落ちている、さらに悪化して勃起不全、つまりEDである、などのことで悩んでいませんか?

そんな状態に自分がなると、具体的にセックスができなくなるということの弊害もありますが、何より自分の男性としての誇りや自信が傷つきますよね?

そうなった時には何とかしようと精力剤を飲むことを考えるかもしれません。

ところが、世の中には精力剤が山ほど販売されていていて、かつどの精力剤にもいろいろな成分や生薬が配合されていて、メーカーはどれも自分のところのものが精力増強に効果があると主張していて、結局どれが1番いいのか迷ってしまいます。

その最たるものが、トンカットアリマカ亜鉛です。この中でどれが「最強」かわかりますか?わかりませんよね?

ここでは、その精力剤3大成分の特徴をあえて比べて、どれが「最強」なのか、あるいは一緒に飲んだら問題があるのか、といった点について明らかにしていきます。

「勃起」をコントロールしている物質は何か?

e269da681c340282ff5bbd7a932f5413_s

男にとって1番求めるのは「勃起不全解消力」

何だかあいまいに「最強」という言葉を使いましたが、そもそも男にとって「最強」の精力剤の基準とは何でしょうか?

性欲増進?滋養強壮?勃起力増強?

それぞれの人の悩みによって、つまり何を求めているかによって、「最強」の基準は変わります

したがって、精力剤の3大成分のうち何が最強か、ということを判断する基準もその「最強」の定義によって変わります。

しかしこれを決めないことには「最強」が決まらないので、ここでは独断と偏見で「勃起不全を改善できる力」を基準にしていきます。

何といっても、性欲が減退するよりも、最近何となく疲れているというよりも、いざという時に自分のペニスがふにゃふにゃで「用をなさない」ということが、男にとって1番深刻じゃないですか?

ですので、精力剤3大成分のうち、どれが勃起不全を改善し、ペニスを若かりし頃のように再びギンギンに勃起させてくれるか、という基準で「最強」を選んでいきます。

勃起というものをコントロールしているのは「一酸化窒素」

77f7fc037f6203d76f7923cdcc2bc277_s

ということで、「最強」を判断するにあたり、「勃起力」を基準に考えることにしましたが、そのためには勃起のメカニズムをおさらいしておくことが必要です。

ご存知のように勃起は、性的な刺激(エッチな動画や、エッチな声など)を受けた脳が、ペニスに「勃起しろ」という指令を発し、ペニスの「中身」である海綿体に血液が流れ込んで膨らんで、その結果ペニスが屹立する、というメカニズムです。ここまではよく知られていますよね?

でも、その海綿体にどうやっていきなり血液が大量に流れ込むか、ということはご存知ですか?

そのメカニズムは、まず脳からの指令を受けた時に、海綿体につながる血管が「一酸化窒素」という物質の働きで広がるのです。そして血管が広がったことによって、血液が大量に流れ込むのです。

つまり、勃起のカギになる成分は「一酸化窒素」なのです。ですので、勃起不全を治すためには、この一酸化窒素が大量に出るようにしてやるか、一酸化窒素を追加してやればいいわけです。

ここまではいいでしょうか?

一酸化窒素のもとになるのはアルギニンとシトルリン

motivationmlm-300x196

ということであれば「最強」の成分は「一酸化窒素を1番多く含むもの」ということになりますが、話はそうは簡単にいきません。

というのも、一酸化窒素は身体の中にあるときには有益なものですが、外界にあると有害なものなので、仮にそれを含んだ成分や植物があっても、それを精力剤に配合することはできないからです。

しかし方法はあります。実は身体の中でも、一酸化窒素というものは常に存在しているものではありません身体の中では「アルギニン」という物質と「シトルリン」という物質で存在していて、それが脳から指令を受けた時に始めて一酸化窒素に変わって、血管を広げるのです。

そしてアルギニンとシトルリンは、外界にあっても無害なものなので、精力剤に配合することができます。

ですので、勃起をコントロールしている物質は、一酸化窒素であり、すなわちアルギニンとシトルリンなので、精力剤として「最強」の成分とは、そのアルギニンとシトルリンをどれだけ多く含んでいるか、ということを基準に考えればいいわけです。

お分かりいただけたでしょうか?

ということで、ここから以降は、その成分がどれだけアルギニンとシトルリンを含んでいるか、ということを念頭に起きつつ、トンカットアリ、マカ、そして亜鉛という成分を見ていきます。

トンカットアリは「性欲減退」に効果あり

出典http://www.menprovement.com/tongkat-ali-extract/

出典http://www.menprovement.com/tongkat-ali-extract/

まず最初にトンカットアリです。

トンカットアリは、マレーシア、インドシナ半島、スマトラ島、ボルネオ島の熱帯雨林に自生するニガキ科の植物で、栽培することが非常に難しく、精力剤につかわれるものはは全て野生のものです。だからこれを配合した精力剤は一般的に高額です。

この地域では昔から男性の「強壮薬」として、根を煎じて飲まれていました。マレーシアのバイアグラと呼ばれたりもしています。

トンカットアリの主な成分はグリコサポニン、ユーリペプチド、カシノイド、アルカロイド、ステロール、テルペノイドです。個々について次に説明しますね。

トンカットアリに含まれるアルギニンはごくわずか?

97688a99849fcc3f632338f4c8966d20_s

グリコサポニン:サポニンは朝鮮人参などにも含まれていて、全身の細胞の活性化や身体機能の向上、細胞分裂を活発化させます。

ユーリペプチド:ペプチドとは、アミノ酸が2個以上つながったもので、そのうちユーリペプチドは、ホルモン分泌を促進し、その結果神経の働きを活発にします。特にコレステロールを男性ホルモンに変えて増やす、という効果があります。

カシノイド:カシノイドには精神的ストレスや肉体的ストレスにへの抵抗力をつける効果があります。

アルカロイド:アルカロイドは免疫力を高め、自然治癒力を活性化させる働きと、ストレスを軽減する働き、血行促進の働きがあります。

ステロール:ステロールは動物由来であればコレステロールですが、植物由来のものは植物ステロールと呼ばれます。これは精子の増産したり、精子を活性化する働きがあります。

テルペノイド:テルペノイドは抗ガン作用、細胞の代謝の活性化という働きがあります。

以上が主な成分となりますので、アルギニンは含まれていないのか、ということですが、実は若干だけ含まれています

トンカットアリを主成分にした精力剤のサイトを見ても、ほとんどのものではアルギニンには言及されていません。つまりその程度の微量しか入っていない、ということです。

アルギニンは微量だが、トンカットアリには精子を活発にする力はある

no-translate-detected_318-46676

ということで、勃起力の肝になるアルギニンとシトルリンについては、トンカットアリはほとんど含まず、したがって勃起力増強はあまり期待できない、ということがわかりました。

では、トンカットアリは精力剤として効果がないのかというとそれは早計です。

ある実験の結果によると、トンカットアリ、ハマシビ、リーザ抽出物を10週間ネズミに与えたところ、精液量、精子濃度、精子運動能力が上昇していました。

つまり、トンカットアリを飲むと精子が元気になるという効果があり、その意味では精力剤として有効だということが言えるのです。

また上で見てきた成分的にも、身体の根本をよくしていくという効果もあります。

そういう意味では、トンカットアリは「マレーシアのバイアグラ」とは呼ばれていますが、勃起不全を治療するようなバイアグラ的な効果ではなく、むしろ身体の調子をよくならせて、その結果、勃起したり、性欲が増進したり、というタイプの成分なのです。

マカにはアルギニンがたっぷり

出典http://www.ichhotelsgroup.com/?cat=17

出典http://www.ichhotelsgroup.com/?cat=17

次にマカについて見ていきます。

マカはアンデスの滋養強壮食

マカは、ペルーのアンデス山脈という厳しい気候条件の場所に自生しています。

マカはこの厳しい環境ので育つ数少ない植物であり、かつ根の部分にアミノ酸やミネラルなど多くの栄養を含んでいるので、古来よりアンデスの貴重な滋養強壮食でした。

歴史的にも数千年前から栽培されていたといわれ、生のマカを焼く、蒸すという調理方法や、保存食、あるいはコメやトウモロコシなどと交換できる貨幣代わりにも使われてきました。

マカには亜鉛もアルギニンも含まれている

そのマカを成分分析すると、亜鉛、アルカロイド、アントシアニン、そしてアルギニンが多く含まれていることがわかります。それぞれの成分について詳しく見てみましょう。

亜鉛

亜鉛は欧米においては「セックスミネラル」とも呼ばれています。その理由は、亜鉛は体内では精巣に多く存在し、そこで精子を作るときに必須の物質だからです。

ですので亜鉛が多いと精子量が増え、その結果性欲が増強する、ということがあり、そのために「セックスミネラル」と呼ばれているわけです。

またそのほか亜鉛が不足すると、発育不全や薄毛、抜け毛、免疫不全、ニキビ、肌荒れ、不妊などの原因になります。また聴覚にも影響を与えます。

アルカロイド

アルカロイドは、多くは植物などに含まれている毒性のある有機化合物です。ただし、マカに含まれているものは、脳の疲労をやわらげ、神経質にある精神を安定させ「心因性」の勃起不全を改善する効果も認められています。

また動脈内の血行を促進し、それによっても勃起不全改善だけではなく、循環器系の病気治癒の効果もあります。

アントシアニン

アントシアニンは眼精疲労の改善のほか、免疫力を向上させ、自然治癒力を改善させる働きがあります。

アルギニン

そして出ました!アルギニンです。マカには100g中に610mgのアルギニンが含まれており、これは天然成分の中では最もアルギニンの含有量が多いとされているゴボウの約2倍です。ですので非常に大量に含有されているわけです。

その効果はすでに説明した通り、勃起力の改善と強化です。

マカにはアルギニンが豊富!セックスミネラルの亜鉛もたっぷり

b44788f3e35992b58307dea16316dd51_s

以上述べたように、マカは非常に多くのアルギニンを含んでいるので、まさに男が1番ほしい「勃起力」の強化、そして勃起不全の改善に大きな効果を発揮する成分だといえます。

また亜鉛、アルカロイドなどそのほかの精力増強に効果のある物質もたくさん含まれています。

亜鉛は精子を増やし、精子を元気にする

最後に亜鉛です。亜鉛については、マカのところで簡単に触れましたが、再度もう少し詳しく説明しておきます。

亜鉛は、新陳代謝を活発にし、免疫力を上げ、たんぱく質や遺伝子の合成といった生命の根幹の部分で大きな働きをしています。

したがってこれが不足すると、味覚障害や発育不全、機能性障害などが起こります。

特に男性としては、勃起不全も困りますが、ハゲになることもかなり恐怖を持つところです。亜鉛不足による発育不全が毛根において起こると、それは薄毛、抜け毛、そしてハゲの原因になります。

したがって亜鉛は、勃起不全を直接的に改善する効果はありませんが、精子を増やすことによって性欲を亢進する効果や、勃起した上での射精後の精子の運動力を上げて男性理由による不妊を改善する、などの効果があるのです。

精力剤成分で「最強」のものはマカ。ただしほかの2つにも効用はあるということはわかりますね。

亜鉛についてより詳しく知りたい方はこちらの記事も合わせてチェックしてみてくださいね。

男に嬉しい亜鉛の効果と亜鉛を含む食材大特集!

勃起力ではやっぱりマカ

いかがでしたでしょうか?すでにちょっとづつ触れてきたのでお分かりかとも思いますが、少なくとも「勃起不全」に効果があって、「勃起力を高める」という意味においては、アルギニンを100gあたり610mgも含有しているマカ「最強」ということが結論です。

ですので、「この間彼女とセックスしている時に中折れしてしまった・・・」と自分にがっかりしている人は、ぜひマカ配合の精力剤(サプリ)をトライしてみて、男の誇りを取り戻してもらたいものです。

トンカットアリは滋養強壮、亜鉛は性欲減退の改善と不妊治療のために活かそう!

とはいえ、途中でも書いた通り、トンカットアリや亜鉛が精力剤の成分として効果がないわけではありません。

少なくとも「勃起力」という点でマカに劣っただけで、ほかの効用はいくつもあり、むしろその人が何に悩んでいるかによっては、ほかの2つのほうが合っている可能性もあります。

たとえばトンカットアリは、いきなり勃起を改善させるのではなく、体力を復活させ、身体の中のメカニズムを改善させ、トータルで元気になることで精力を増強させることができます。

ですので、「最近疲れて、奥さんとのセックスがご無沙汰」というような人であれば、トンカットアリが向いているでしょう。

また亜鉛は、精子を増やし、精子を元気にする効果があるので、「何となく性欲減退」という人が亜鉛配合の精力剤を飲めば、エッチな気分を取り戻せるでしょう。また精子の運動力を高めますので、不妊対策という意味でも効果があるはずです。

このように、ぜひ3大成分をうまく飲み分けて、自分の悩みに合った精力剤を飲めば、非常に効果が期待できます。

3大栄養素を一緒に飲めば相乗効果

最後に、そんなに効果があるのならばすべてを一緒に飲みたい、という人も、あるいは、自分の精力減退は複合的でいくつもの原因といくつもの症状が入り混じっているので、すべての効果を感じたい、という人もいるでしょう。

そういう人はぜひこれらを一緒に飲んでください。薬であれば飲み合わせなどの禁忌があるので、一緒に飲めないことも多いですが、幸いにしてこれら3つの成分はすべて「食品」です。

もちろん鰻ときゅうりのように、伝承としての「食い合わせが悪い食べ物」もありますが、この3つにはそういうこともありません。

ですので、自分の精力について深く深く悩んでいる人は、一緒に飲むことで複合的に悩みを解決することをおすすめします。

3大栄養素がバランスよく配合されたサプリはコレ!

これらの成分は食品からもちろんとれますが、なかなか毎日のようにバランスの良い食事をとるというのは難しいですよね。

そうなんだよな~。仕事も忙しいし適当に食事を済ませることもよくあるな。
ひんちゃん
私もそこまで毎日バランスを意識した献立を考えるのも大変なのよね。

そこでお勧めなのが健康補助食品、いわゆるサプリメントです。

今まで色々と精力剤を調べてきましたが、精力性欲勃起力増強に欠かせない成分がバランスよく含まれているサプリがあるのでコッソリ共有しちゃいますね!

それがコレ!



40日間全額返金保証付き!The GOLD公式ページはコチラ

ひんちゃん
 40日間返金保証付きってのも嬉しいわよね!だってもし体質的に合わなかったり、何か不満があった場合は返金してくれるんだものね♪

まとめ

いかがでしたか?

トンカットアリ、マカ、亜鉛の中で「勃起力」という意味ではマカが最強、ということが検証されました。しかし、中でも記載しているように、ほかの2つも「使いどころ」を考えれば、効用はたくさんあります

ぜひ、自分の悩みと求めるものをよく考えて、最適な成分の配合されている精力剤を飲み、男の誇りを回復させてください。

この記事を読んだ人はこちらの記事もよく読まれています。

アルギニンを多く含む食品ベスト12!ED予防・改善に効果抜群!

アルギニンとシトルリン結局どっちがいいの?違いを徹底解説!

参考サイト
http://トンカットアリ完全ガイド.com/
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/tongkat-ali/
http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/maca/

-回復対策・方法, 成分・効果・副作用, 精力・性欲, 精力剤・サプリ